システムで一括管理できる採用管理方法をご紹介

企業にとって社員は大切な財産。つまり、社員の採用プロセスは企業活動において重要な位置を占めるということです。しかし、人員の採用という業務は煩雑な手続きが多く、かつ一対一のやり取りが多いためどうしても対応に時間がとられてしまいがちで、採用管理が適切にされないまま収拾がつかない事態になってしまう場合があります。管理ばかりに時間がとられてしまうと、本来注力しなければならない採用における応募者、面接官などとのコミュニケーションが十分に取れず、質の良い採用活動が難しくなってしまいます。そこで必要なのが、システムにより一括で管理する方法です。システム化することによって、採用実務に割かれる時間が軽減され、本当に採用活動において必要な業務に集中することができるのです。

採用管理システムを使ってできること

採用管理システムを導入することで、統合的に応募者の情報が管理できるようになります。それまでは採用担当者が一対一で応募者や面接官などとやり取りしていた内容も、採用管理システムに全て情報を集めることで連絡や調整などが容易にできるようになるのです。例えば、応募者へのメール送信、面接の予約受付などは自動で行われ、応募者側もパソコンやスマートフォンなどから説明会や面接の予約ができたり、自分の応募状況を確認できたりするようになります。応募者ごとに、採用フロー毎の進捗状況を確認でき、関係者内で同じ情報を閲覧できるので勘違いや伝達ミスがなくなります。データの集計作業も容易にできるので、グラフでの分析等も可能です。新卒、中途などあらゆる採用活動に対応したシステムです。

採用管理システムが提供する機能

採用管理システムが提供する機能は多岐にわたります。まず、採用担当者向けの機能としては、募集する求人の要項を作成しエージェントへの公開を設定する機能、応募者のプロフィールや選考状況を管理する機能、採用フローを一目でわかる図で管理する機能、会社説明会や面接日程を作成して応募者からの予約受付を行う機能などです。次に面接担当者向けの機能は、面接結果を入力する機能、面接スケジュールを管理する機能などがあります。そして応募者向けの機能としては、会社とのメール連絡や会社説明会、面接等のスケジュール管理、アンケート回答などができるマイページ機能、募集中の求人一覧を参照し応募する機能などがあります。どの機能でも自動化、見える化を意識して設計されているため、誰でも抵抗なく利用することができます。

コメントは受け付けていません。