誰でもできる採用管理方法を教えます

採用管理の難易度は、実際にその採用にどれだけの人が関与するのかによって変わります。この場合における関与とは、例えば実際に応募する人、面接などに携わる社員、それを管理していく人などで、こうした人が多ければ多いほど、管理は難しくなります。応募する人が多ければ物理的な管理が大変で、面接に携わる人が多ければ、面接の進捗確認や実際の情報などのチェックがごちゃごちゃになりやすいからです。
採用管理をする人も同様で、1人で行った方がいい場合もあれば、それでは物理的に難しい場合もあります。そして、採用管理の業務に長けた人だけでなく、新人や配置転換間もない人でも普通に業務をこなすことができるやり方が求められます。そのためにも、誰でもできる採用管理の方法を模索していくこととなります。

採用管理システムはシンプルなものが一番

多くの企業では採用管理システムを用いて、管理が行われています。最近のシステムは非常にシンプルで、操作もクリックなどが少なく、すぐに情報が提供できるようになっています。以前は表計算ソフトなどで管理を行う人が多く、そもそも表計算ソフトの使い方がままならないという社員もいました。システムによって、そうしたことはもちろんのこと、欲しい情報がすぐに提示されることが何より重要です。シンプルにすることは、複数の応募経路を一元化することでも活用できます。いくつもの応募経路を管理することが非常に難しく、そこで何人も管理をしていると、抜け落ちることが必ず出てきます。そうなってしまえば、せっかくの優秀な人物をみすみす逃すことにもつながります。どのような応募経路であっても、すぐに把握できるかどうかが大切です。

人数が少なくてもシステムを活用する

採用管理システムを用いることで、誰でも簡単に採用管理が行えるようになりますが、少人数であったとしてもこうしたものは使用していくことが大切です。どのような選考が行われ、日程がどのように調整され、どこで多くの人が振り落とされたかという情報はすべてノウハウにつながります。実際に担当した人は覚えていますが、例えばこれらの情報を、新人が見たり、最近になって人事担当者になった人が知ったりすることで、すぐにそのノウハウ、傾向を知ることができます。システムを活用することは、効率を単に上げるだけではなく、知らず知らずのうちにノウハウを蓄積することにもつながり、採用管理に関する教育に膨大な時間をかけることなく、誰でも一定の水準においてこうした管理が行えるようになります。そのためにも、採用管理システムが大切です。

コメントは受け付けていません。