賢い採用管理で会社に貢献しよう

採用管理に限らず、こうした採用活動に関するコスト、費用対効果は簡単に見ることはできないと言われています。その部門がどれだけの利益を生み出し、会社に貢献しているのか、売り上げがあるわけでもないので見えにくいからです。そのため、なるべくコストを下げ、それでいて優秀な人材、即戦力を獲得することがどこの会社でも言われています。
コストをかけたから即戦力が確保できるわけでもなければ、お金をかけなければ大した人が来ないというわけでもありません。適切な時期に採用に関する動きを始め、働きかけをしていくことでこうした人材は確保でき、適切な採用管理によってコントロールすることもできます。採用管理のシステムを利用し、その動向、応募経路の分析をしていくことでより的確な採用管理、コストの掛け方が可能になります。

可視化していれば大胆なこともできる

もし採用管理が行われていない場合、もしくはあと何人が面接の選考に残っているのかを知らない場合、最終面接を受けている学生などをどうするのかという判断は鈍ります。知っていれば、もう少し待った上で吟味し、合否を判断できますが、不透明ではここでの決断が求められます。特に内定辞退の可能性を考えるならば、即断即決をしておくことも必要です。面接段階で好印象の人材がいるとなれば、思い切って切ることもできます。
採用管理を可視化すること、システムで管理することは思い切った決断を可能にさせます。今選考過程にいる人をカウントすること以外にも、求人募集をかけたらどれだけのアクションがあるのかというデータも採用管理の1つであり、そこから計画を立てることもできます。今後の経営戦略を考える上でいかに採用管理を賢く行うかは重要です。

意識の高い学生を瞬時に見極められる

採用管理システムの中には、学生が合同説明会に参加したか、セミナーでどのような様子だったかという記録を管理できるものも存在します。内定辞退で発生する最大のリスクは、即戦力を逃すだけでなく、その次のレベルにある学生すら逃してしまう点にあります。内定を出した時点で採用活動をやめた場合、他の学生は他社に流れ、内定辞退で再び活動をし始めた時にはめぼしい人材がいないということもよくあります。
意識の高い学生をどのように見極めるかは、説明会やインターンへの参加などで見なければなりません。賢い採用管理ということを考えれば、ここの時点から管理をしていくことで意識の高い学生を探し、内定辞退のしにくいフォロー態勢を構築し、質の高い人材を確保し、これ以上のコストをかけないという態勢を作ることが求められます。

コメントは受け付けていません。